秋田の農業の効率化に、ドローンはお役に立てます

秋田県の農家様へおすすめする ドローン世界シェアNo.1メーカー 農薬散布専用ドローン

DJI AGRAS MG-1S Advance

農薬散布に特化した専用機

MG-1S Advanceは、農薬の散布を適正な割合でおこなうために設計され、農業分野において効率性と管理能力が更に向上します。
今までの産業用無人ヘリコプターに比べ大幅なコストダウン、抜群の操縦安定性、事故リスクの低減が図れます。
また、今まで航空防除は外部委託に頼るしかなかった農家様、営農法人様においても、導入しやすい価格帯となっております。

秋田県内の圃場に必要なのは、高い飛行安定性です。

農薬散布ドローンにとって最も必要なのは「飛行時の安定性」です。
特に秋田県の圃場は、整備された地域だけでなく山間部の圃場も多いため、飛行安定性は最も重要視するべき項目となります。
操縦時の安定性はオペレーター(操縦者)の疲労を軽減するだけでなく、正確な散布を助けます。
また、不慣れなオペレーターの為に操縦アシスト機能「M+(プラス)モード」も実装。
世界一のドローンメーカーだからこそできる「安定性」と「機能」で、秋田県の農業を支えます。

標準の液剤散布装置に加え、粒剤散布装置もご用意

秋田県の農家様、営農法人様から必ず聞かれるのが「粒剤は撒けないのか?」というご質問です。
MG-1S Advanceはタンクを付け替えることにより、粒剤散布にも対応致します。
また、散布量等の設定は全てアプリで行えますので、散布装置そのものを調整する必要はありません。
これにより、散布量を調整しながら散布を行う。圃場ごとに設定を変えるという事も可能です。

衝突防止センサーを標準で装備

MG-1S Advanceでは、前後の衝突防止センサーが装備されました。
これにより、飛行時の安全性が飛躍的に向上します。
DJIでは各機種に衝突防止センサーが装着され、衝突事故の軽減に役立っています。
秋田県内の圃場は、電線、樹木に囲まれた場所なども多いため、「万が一」を減らす事が可能です。
※あらゆる条件で作動するものではありません。センサーに頼った飛行は行わないで下さい。

高出力で急速充電対応、扱いも簡単、専用設計バッテリー

ドローンの要は「バッテリー」にあります。
DJIのドローンは全て、バッテリーシステムまでのワンパッケージで設計されています。
専用充電器・専用バッテリーにより取扱が容易になるだけでなく、専用カバーによる高い耐久性、電池残量もひと目で分かります。
飛行時間は無積載状態で22分。十分な飛行時間を確保しております。

専用アプリ・送信機で設定もラクラク。状況もひと目で分かります

MG-1S Advanceはすべての情報が送信機の専用アプリに集約されています。
散布量の設定だけでなく、飛行履歴の表示、現在の状況の確認などあらゆる情報が画面上で確認可能です。
画面構成も他のDJIドローン同様のデザイン、配置のため、違和感なく操作が可能です。
また、シンプルな送信機は誤操作の起きにくい設計となっております。

MG-1 SKYLINK
FLIGHT TRAINING SCHOOL

技能認定証 取得教習随時受付中

MG-1による農薬散布をより効率的に、正確に、安全に履行できるオペレーターを育成します。座学、実技講習を受講し、最終試験に合格すれば(一社)農林水産航空協会認定のAgras MG-1オペレーター認定書を取得することができます。

MG-1運用のノウハウはSkyLinkです

SkyLinkJapanはMG-1による国内でトップクラスの散布実績を持っています。
飛行性能をより活かす為に様々なノウハウを提供致します。
散布面積・散布内容に応じて、様々なご提案、アドバイスが可能です。
ドローンにはドローンに特化した知識、技術も必要です。

ぜひ、違いを実感してください

デモンストレーション、説明会など随時承ります。
お気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちらから。